2007年01月29日

onijazz riders

■「onijazz」からライダーススタイルのご提案

新緑の街乗りスタイルは、新作「onijazz riders」の
長袖Tシャツにブーツカットジーンズとブーツでアメカジ風に
コーディネートしてみてはいかがでしょうか?
今の時期は、寒すぎて無理ですが・・・。
ちょっと早かったかな?

riders-f.jpg


riders-b.jpg


※受注後の製作なのであくまでもイメージです。
「onijazz shop」HP
posted by そばらいだー at 23:27| Comment(40) | TrackBack(6) | [onijazz]ぶらんど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

onijazz shop

■onijazz for mikaerers & riders

mikaerers2.jpg


「T-SHIRTS TRINITY」さんの力をお借りして
「onijazz」ぶらんどのショップを立ち上げました。
製作・販売は「T-SHIRTS TRINITY」さんがすべてやってくれますので
在庫なし、初期投資なしで展開できます。
更に報酬はデザイナーさんが基本価格に上乗せできるので
お店を気軽に始められます。【私は、報酬0円設定ですが・・・。】

「T-SHIRTS TRINITY」HP

■商品のイメージ

T-hidesato.jpg


T-inazuma.jpg


※受注後の製作なのであくまでもイメージです。
「onijazz shop」HP

■「mikaerers(ミカエラーズ)」

「mikaerers(ミカエラーズ)」とは、後姿が気になる人たちのことで
江戸時代から続く日本人の美意識を継承している人たちです。
菱川師宣先生の「見返り美人図」がその最初と考えています。
「onijazz for mikaerers & riders」は、そんな人たちのための
バックプリントにこだわったぶらんどです。

東京国立博物館HP「菱川師宣作:見返り美人図」



posted by そばらいだー at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | [onijazz]ぶらんど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

PAGE-7

S-P7.jpg


「いつも進むべき道を照らしてくれるおやっさん・・・
僕は、あなたのように自らが光輝く存在ではないのかもしれない・・・。
だけど、夜空に輝く月は、太陽の光を借りて輝くもの・・・。
あなたのココロノイノチが僕に輝きをわけてくれました。」
ミヤ王は、一人の人間としておやじさんを必ず助けると誓いました。

posted by そばらいだー at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ絵本2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAGE-6

S-P6.jpg


「おやっさん!」
ミヤ王は、おやじさんを抱き起こしました。
「一度ならず二度までも・・・頼りない国王のために
何故こんな無茶をなさるのですか・・・?」
「ミヤ王さまが王様だからではありません・・・
私がつくる天ざるをおいしいと食べてくれるあなた様の笑顔に
私自身・・・いつも救われておりました・・・。
だから・・・その笑顔を曇らせてはいけないと・・・。」
そう言うと・・・おやじさんはゆっくりと目を閉じました。
ミヤ王は、大きな声で泣きました。
posted by そばらいだー at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ絵本2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAGE-5

S-P5.jpg


「ミヤ王さま・・・。」
震えた小さな声がしました。
声のする方に目をやると、そこには、
息絶え絶えで立っているおやじさんがいました。
「無礼かと存じますが・・・年寄りの言葉に耳をお貸しください・・・。
夜空に輝く星たちは・・・自らが輝きを放つ星だとは気付きませぬ・・・。
なれど、私たちから見える星たちは、
キラキラと輝き美しいものです・・・。
世界が闇につつまれた時こそ、一層輝きを放つもの・・・。
それは、自分自身でありまする・・・。」
そう言い終えるとおやじさんは、地面に倒れこみました。

posted by そばらいだー at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ絵本2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAGE-4

S-P4.jpg


その時です・・・外で大きな音がしました。
慌てて店の外に出たミヤ王は、愕然としました。
「おやじさんの病気が治らない・・・
そして、また、世界が白黒に・・・。
こんな偉そうな冠をかぶってたって、
世界を救うことが出来ないじゃないかあ。」
そう言ってミヤ王は、王冠を投げ捨ててしまいました。
posted by そばらいだー at 13:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ絵本2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。